【決済されない場合や】Amazonでd払いを利用する際の注意点【d払いできないんだけど!という時はチェック】

ドコモユーザにとってはAmazonはプライム会員1年無料サービスがあったり、dポイントの還元率が3倍になったり、更に定期的にdポイントの還元キャンペーンを実施していたりと、親和性が非常に高いです。

ただ、Amazonでd払いを使う際に、ちょっとわかりにくい点があります。

この記事ではAmazonでのd払い利用時に??となる点について、わかりやすく解説します。

目次

Amazonでd払いを利用する際の注意点

ドコモユーザ限定

Amazonでd払いを行う際に利用できる支払い方法は電話料金合算払いのみとなっています。電話料金合算払いはドコモユーザのみしか利用できない支払い方法なので、実質ドコモユーザ限定です。

d払いが選べない!ー事前設定が必要ー

事前にAmazonのアカウントを作成したうえで、支払方法を追加しておく必要があります。

以下のリンクから支払い方法の設定ができます。

Amazonでのお買い物はd払い-dポイントがたまる!使える-

リンク先には3倍ポイント還元キャンペーンと、d曜日のバナーも置いてあるので、まだでしたら一緒にエントリーしておきましょう!

久々に使ったらd払いが選べない!ー長期間Amazonを利用しなかった場合は再設定が必要ー

Amazonを最後に利用した日から13ヶ月以上の長期利用しなかった場合は設定をし直す必要があります。
AmazonのWebサイトを開き、アカウントサービスのお支払い管理画面から「docomo」を停止させ、もう一度「お支払いを追加」からやり直して下さい。
手順は↑の事前設定と同じです。

1カ月で利用可能な限度額は1万円から最大10万円まで!高額商品のお買い物はできません

実はAmazonでのd払い、1カ月で利用できる金額に厳しめの制限があります。
その理由はAmazonでのd払いに使用する電話料金合算払いの限度額が設定されているためです。

年齢契約期間設定できる限度額
19歳以下契約期間にかかわらず1万円/月
20歳以上1~3カ月1万円/月
4~24カ月~3万円/月
25カ月目以降5万円/月、8万円/月、10万円/月
設定可能な限度額は利用状況に応じて変わります。

Amazonでd払いを利用する場合、通常は注文時ではなく発送時に請求される仕組みになっています。
請求が通らない状態だと、発送が保留され、支払方法の変更をしないと商品の発送がされません。

以前自分でこの状態になってテンパったことがあるので、マーカーで囲いましたw
めたぼんは引っ越しの際に16万円くらいの大型テレビをAmazon×d払いで買おうと、注文まで行いました。

限度額が存在することは知っていたのですが、注文できてしまったので、「どゆこと?」と不思議に思っていたのですが、
決済のタイミングが異なるんですね。

利用限度額の確認・変更はd払いアプリや下に記載の、dポイントの利用設定の手順で確認できます。
(d払いの利用設定画面の下方にある「閉じる」ボタンをタップすると限度額設定を含むメニューが表示されます。)

あれ?ポイントが消滅している!ー購入時にdポイント利用の確認がありませんー

dポイントを使用するかどうかは支払い方法の設定画面から確認可能ですが、注文時には、dポイントの利用について確認されません。

あれ?dポイントの使用ってどんな設定にしてたっけ??
という際は以下のリンクからポイントの利用設定を確認してからAmazonでお買い物しましょう。

エントリーサイト

スマホでアクセスして、以下の手順で操作すると、ポイント利用設定を確認できます。

  1. 「dポイントのご利用方法」をタップ
  2. 「dポイントの利用設定はこちら」をタップ
  3. dアカウントでログインする(ネットワーク暗証番号か8桁~20桁で設定したパスワードを使います)
  4. d払いの利用設定を確認・変更する(変更する場合は忘れず「内容を登録する」ボタンをタップしましょう)

d払いで購入できない商品がある

Amazonでd払いを利用して、以下の商品を購入することはできません。

  • Amazonギフト券のご購入
  • 定期おトク便ご注文のお支払い
  • Kindleコンテンツ以外のデジタルコンテンツ
  • Prime Nowご注文のお支払い
  • Amazonフレッシュご注文のお支払い
  • Amazon Pay利用のお支払い
  • Kindleコンテンツ以外の1-Click注文のお支払い

期間・用途限定ポイントの利用時は注意!ポイントの消費タイミングは注文時ではなく商品の発送前後

Amazon・d払いでは期間・用途限定のdポイントを使用可能ですが、ポイントが消費されるタイミングは商品の注文時点ではなく、商品の発送前後になります。

予約商品の購入時や、日を空けてお届け日指定注文を行う際は気をつけましょう。

なお、期間・用途限定のポイントはぎりぎりまで持っておかず、日興フロッギーで株に変えてしまうのがおすすめです。
こうすることで将来的は現金化も視野に入ってきます。

まとめ

以上、Amazonでd払いを利用する際の注意点をお届けしました。

Amazon×d払いでの買い物は、プライム会員での買い物で+2%さらに、d曜日を組み合わせれば+2%となるので、頻繁に5%還元を行っています。積極的に狙っていきたいですね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

33歳、サラリーマンで元営業職で中間管理職(プロジェクトリーダー)
ちょっと(だいぶ)ふっくら。
嫁さん大好き。
貯金を頑張りたい

コメント

コメントする

目次
閉じる